ご挨拶

ご挨拶

さて、このたび2019年10月、東京都において「第1回A4M国際学会 日本会議」が開催される運びとなりました。
A4M(American Academy of Anti-Aging Medicine)は、1992年にRonald KlatzとRobert Goldmanの二人の医師によって設立された米国抗老化医学会です。
現在、世界最大級のアンチエイジング医学会として、120カ国以上の国々の医師、科学者、公的機関職員、一般市民などを含む約26,000名に及ぶ会員を擁しています。
毎年2回の世界大会をフロリダとラスベガスで開催すると共に、ドバイやタイなど世界各国でも国際会議を開催しています。
今般、日本で初めての記念すべきA4M国際学会が、いよいよ2019年に開催されることとなり、実行委員会事務局一同、身の引き締まる思いで準備を進めています。

A4Mは設立以来、米国のみならず世界的な課題となっている「アンチエイジング」領域の先駆的研究と実証を重ねてきました。
また、高度な教育機関であるMMI(Maboratory Metabolic Medical Insutitute)を通じて、医療従事者、開業医、科学者や一般市民の教育にも注力しています。
いまや世界有数の長寿国となった日本においては、アンチエイジング医学の研究、臨床、進歩への期待はもとより、アンチエイジングに対する一般市民の関心もますます高まっています。
A4Mから多くの招待講演者をお招きして開催される「A4M国際学会」として、米国や日本、アジアを中心に、世界各国のアンチエイジング医学に携わるプロフェッショナルや企業・団体、一般市民の方々が東京に集結し、幅広い見地から世界や日本が置かれている状況を考えると共に、最新のアンチエイジング医学情報が世界に向かって発信される機会となることを期待しています。
共催学会である「一般社団法人 国際先進医療統合学会」は、「A4M JAPAN」としてA4Mと緊密な連携を図り、日本で唯一のA4M窓口としても活動している学会です。
この開催経緯をご理解賜り、「第1回A4M国際学会 日本会議」の成功のために、皆様のご支援とご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

2018年10月吉日
第1回A4M国際学会 日本会議実行委員会事務局

一般演題募集
共催セミナー募集
展示会出展募集
広告・協賛企業募集